血尿は、肉眼でわかるものと顕微鏡でしかわからないものに分けられ、前者の90%、後者の70%が泌尿器科 の病気が原因であると言われています。残りは腎炎やネフローゼ症候群などの内科的疾患で、蛋白尿を伴っていることがよくあります。最近増えつづけている前立腺がん、膀胱がん、腎臓がんは、痛みなどを伴わない血尿のことが多いようです。そのため見つかったときには、既に進行がんであることもあります。もちろん、検査をしてもこれといった原因がなく問題にならないことも多々あり、過剰な心配をする必要はありませんが、

●肉眼的血尿を認めた方
●健康診断などで初めて血尿(尿潜血陽性)と言われた方
●以前から尿潜血を指摘されているが検査をされたことのない方

は泌尿器科的検査を受けられることをお勧めします。

*初診時検査: 尿顕微鏡検査、腹部超音波など
---------------------------------------------------

蛋白尿は起立性蛋白尿などの良性の ものもありますが、一般的には腎臓の機能が低下している状態(慢性腎臓病)が疑われます。慢性腎臓病では見逃しているうちに弱った腎臓が老廃物を取り除く ことなどができなくなり、タンパクを多く含んだ尿が出たり、むくみや貧血、高血圧などが起きたりします。自覚がないまま放置し、気付いたときには腎不全に なる恐れもあることから、「人工透析患者の予備軍」とも呼ばれ、近年メタボリックシンドロームと共に日本人の新たな国民病として注目されつつあります。
慢性腎臓病は食事などの生活習慣も一因で、早期に発見できれば食事や薬物療法など既存の治療法で腎機能の低下を抑制し、腎不全への進行を阻止することができます。

*初診時検査: 尿検査、血液検査、腹部超音波など
---------------------------------------------------






    泌尿器科 [大分市 大分泌尿器科病院]